採用情報

スタッフ紹介

一足先にまるやま・京彩グループに入社した先輩たちは
何を考えて入社し、どんな気持ちで今の仕事に取り組んでいるのかをお聞きします。

コピス吉祥寺店 店長 鈴木 弥

30代で社長になる。

一つのことを徹底することが糧に
大学ではバンドに打ち込み、カナダツアーにも参加しました。入社後も中国ツアーに。一つのことを徹底することにより、「何事も続けることで意味が出る」という教訓を得ました。
入社後3年半で店長に
スタッフが「楽しい」「やっていて良かった」と、やりがいを持って幸せに働ける環境づくりを心がけています。お客様や、周りのスタッフからの声は「ここにいていいんだ」と、とても励みになります。
店長として
店の売上げ目標は年間1億5000万円。大目標は2億円!難しいのはスタッフのマネジメントです。楽な仕事ではないので気を遣ってあげたいのですが、うまくいかないことも。辞めたいと言われたら、問題を取り除き、より良い道を提示したり、その人の得意なことを見つけたりするよう努力しています。
これからは…
30代で社長になって、新しい事業を始めたいです。プライベートではモテたい(笑)!憧れるのは丸山社長。30代で社長になり、若さや力強さ・勢いを感じます。見習いながら「自分だったらどうするか」を模索中。

平塚店 店次長 南 雄紘

地元でみんな豊かに!

新卒で飛び込んだきもの業界
未知の世界への好奇心と、丸山会長の言葉や和の文化を広める精神に共感して入社しました。
店次長の仕事とは
スタッフの時間管理、お客様動員を率先して行うなど、管理業務が多いです。
やりがいもあり、失敗もあり
入社時は右往左往…お客様に育てていただきました。今ではお友達感覚で安心して頂けるのが強みです。小物を買いに来られた方に高額商品をお求め頂けた時や、自分の裁量でできる仕事を与えられた時にやりがいを感じます。また、長い間お客様をお世話したことで、「一生フォローしていく」という強い想いも持つようになりました。一方、強気で仕入れた委託商品を売ることができず返却したという失敗も…。
これからは…
目標は、実績をあげて店長になることです。購入はもちろん、地元平塚のお客様に、カジュアルに頻繁に遊びに来ていただける店舗作りをしたいです。また、皆で経済面、精神面ともに豊かになりたいです。家族と家も持ちたいです!

自由が丘本店 スペシャリストパート 杉山智子

仕事と育児、どちらも大好き

ホテル勤務からきものの世界へ
高校卒業後、3年のホテル勤務中に着付教室に通い、「お客様にきものをお着せしたい」との思いが募ってきました。仕事内容は好きでしたが、勤務が不規則なこともあり転職しました。
きもの業界の魅力と難しさ
接客が好きなので、お客様との個人的な関わりが強いきものの世界はやりがいがあります。大変と言われがちですが、私の場合は業界への理想がなかったので、ギャップは感じませんでした。「杉山さんの一声できものが好きになった」とのお声や、振袖をお見立てしたお嬢様やご家族様に感謝のお言葉を頂くと救われます。一方、お客様のご希望を汲み取れずご納得頂けなかったり、和裁や寸法に詳しくなく歯がゆい思いも…知識不足を改善したいです。
出産・産休を経て
出産・産休、公休日も会社や店長が調整して温かく見守ってくれているのを感じます。年に何回か家族旅行にも行っていますよ。
これからは…
家庭もありトップセラーになるのは難しいと思いますが、新人教育や振袖関係により関わりたいです。また、勉強中の和裁や茶道などを生かせればとも。

まるやま商品部 次長 長谷部 雅俊

夢は田舎でノマドワーカー

フリーターからきもの屋さんに
もともとはフリーターでした。経歴不問・家の近所との理由で吉祥寺店に入社、自由が丘本店、豊洲店店長を経てまるやま本部へ。
サポート職が天職!?
様々な年齢のスタッフがいること、女性が多いことが自分には大変でした。人と接するよりサポート職が向いていると思い、本部への移籍を希望しました。商品管理・販売集計をし、次の仕入れの方針を決めるのが現在の主な業務です。
チャレンジできる会社
やってみたいと思ったら「やってみれば?」と言ってくれる、やる気のある人にはチャンスが与えられるチャレンジできる会社です。
これからは…
IT化など新しいところへ進もうとしている、きもの業界の中では革新的な会社なので、業界を変える一助になれればと思います。システム開発へ参加したりして会社へ貢献をしていきたいです。個人的には、PCひとつで仕事ができる人間になり、田舎でひっそり仕事をしながら生きていきたいです。国内海外問わず、場所に縛られない生き方をしたいと思います。

夢楽染 HINATA事業部長 羽座 正史

1年で目標達成。次は…

分社制度に惹かれて
大手呉服企業在籍後、2019年夢楽染へ転職しました。夢楽染には分社制度があり、自分らしい会社を作れると思いました。「自分らしい会社=共に働くパートナーを第一に考える会社」が目標です。
HINATA事業部を立ち上げて
理念だけではビジネスは困難。店舗も商品も人もゼロからHINATA事業部を作るのは大変でしたが、目標としてきた「100名のパートナーと1枚のきもの写真を撮ること」を創立1年で達成できて嬉しかったです。※平安神宮でお客様・従業員100名ときもの写真を撮りました!
仕事とプライベート
「卑怯な振る舞いはしない」をモットーに、「PARTNER FIRST」を掲げたHINATA事業部の成功が今の目標です。また、部下には指示出しだけでなく、しんどい時こそ一緒にいてあげることを大切にしています。プライベートの休日は家族サービス!妻と子供の喜ぶ姿が嬉しい♪
新入社員に求めることと、これから
仕事は自己実現するためのステージ。自分の夢を持ち自由にチャレンジしてほしいと思います。自分自身の目標は、お客様に『ここにHINATAがあって良かった!』と思って頂ける会社を創ることです。

株式会社紅輪 本部 伊藤 朱里

好きなことが仕事に

初めての一眼カメラで
入社後店舗勤務を経て本部へ配属されました。現在、広告やインストア動画、MKグループの公式Youtubeアカウント更新など、様々な動画の撮影・制作を任されています。一眼レフカメラでの動画撮影は、興味はありましたが未経験で、先輩に教わりながら現場で学びました。
やりがい・面白さ
ファッションデザインやイラスト、動画制作など多方面に興味があり、就きたい職種でとても迷っていました。「古風だね」といわれたことがあり、昔から好きだった「着物」の世界を仕事にしては?と視野を広げ入社を決意しました。実際に今担当している動画制作の仕事の中で、特に振袖関連は「呉服業界」のイメージにとらわれず、時代に合ったデザインを求められるところが面白いです。興味があった様々な分野の創作が、動画制作というひとつの形で生き生きと活躍させて頂けていることにやりがいを感じます。
これからのこと
「好きなことを仕事に」「やりたいことはひとつだって諦めなくていい」を少しずつ実現させて頂ける環境に感謝しながら、貪欲に成長していくことが目標です。

夢楽染本部 採用担当チーフ 川中 美里

新入社員とともに成長する

営業職から採用担当に
大手呉服企業で営業職を経験し、採用担当にして頂きました。夢楽染でも前社での経験を活かし採用担当に。
大変なこと・うれしいこと
例年1~2人だった採用人数を20名にと言われ、まずは自分が夢楽染を知るところからのスタートだったので大変でした。結果、21名の入社で目標達成の面白さを教えてもらいました。また、「絶対夢楽染で活躍できる!」と思った人が成長し活躍していたり、自分の発信をきっかけに夢楽染の魅力を知ってもらえた時に喜びが。
信条と、自分のスイッチが入った瞬間
「誠実にひとりひとりと向き合うこと、約束を必ず守る」が信条。昨年、私が初めて採用担当した入社式に使うムービーを作った際、新入社員から赤ちゃんの時の写真をもらったりしたことで「大事に育てられた子が、夢楽染で育っていくのだ」と、人の人生に大きく関わる、やりがいのある仕事だと改めて気づきました。
新入社員に求めることと、これから
新入社員には、自分の中に譲れないもの、大切なものを持ってほしいです。目標は、「自分の存在価値を高める仕事をする」こと、夢楽染の新世代ヒーローとなる仲間を増やすこと、関わる学生さんにプラスの価値を提供していくことです。

夢楽染HINATA豊中店 店長 尾崎 祐梨

こんな私が店長に!

人見知りが店長に抜擢
日本文化が好きで入社しました。新人の頃は極度の人見知りで、入社1か月でこの仕事に向かないと感じ、お客様にも心配されていましたが、店長が真摯に、いつも「一緒にやってみよう!」と引っぱってくれたので、続けられました。3年目の上半期で1300万円の個人売上を作り、店長に抜擢して頂きました。
やりがい
お客様から「買ってよかった」「あのきものを褒められた」「店長になったんだ!おめでとう、がんばってね」のお声を頂いたり、スタッフから感謝・信頼されていると感じた時に喜びが。こういう瞬間の積み重ねが継続の糧です。
店長をやってみて
周りを見ることができていない、スタッフとお客様のことを全て把握する余裕がまだないと感じます。スタッフとのコミュニケーションやモチベーション管理など、自分+αの視野が必要で難しいですが、個性的なスタッフに助けられ、楽しいお店作りはできています。
これからのこと
スタッフやお客様からの感謝のお言葉を励みに、これからも精進します!